会社員って素晴らしいと感じる5つのこと

こんにちは、ユルミです。

私は、今から約5年前に会社を退職し独立。

独立してから3年後に会社員に舞い戻り、フルタイム勤務。

現在は、兼業を認めてもらいながら会社員と会社経営の2足のわらじを履いています。

一度会社員を離れたことで、それまで気づかなかった会社員のメリットに気づくことができました。

本日は、会社員が享受できる数々のメリットの中でも、特に私がありがたいと思った5つのことについて書いていきたいと思います。

本日のブログは、『簡単に会社員の特権を手放すな』というお話です。

会社のお金で挑戦ができて、失敗ができる

皆さんは、会社から新しい任務や企画を命ぜられた時にどう感じますか?

ワクワクする方、面倒くさいと思う方、失敗したらどうしようと思う方、色々かと思います。

私は会社員時代、どちらかというとワクワクするタイプでしたが、やはり仕事立て込んだりすると、正直面倒だと思ったこともありました。

しかし、独立しすべての挑戦が自己責任で、すべての成功と失敗が自分に跳ね返ってくる世界を知ったことで、ある意味会社員のほうが気軽に挑戦できることがわかりました。もちろん、会社員も結果が求められ、失敗をすると左遷にあったり、責任を咎められたりということもあるかもしれません。しかし、失敗しても自分の通帳から数百万が消えるということはないですよね。独立するとこれがリアルに起こります。

会社で失敗することによって名誉とプライドに傷がつくより、お金を失う方がマシだと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、それは安定的に給与が振り込まれていることに慣れている方の思考です。

来月の収入の見通しがたっていなければ、生きることが難しくなりますので、人生ゲームオーバーとなります。稼ぎが生命に直結する世界で生きると、名誉やプライドなんてものはちんけなものにみえてくるから不思議です。

私がここで

現在会社員の皆さんに伝えたいことは、是非とも会社のバックアップのもと挑戦する機会があるのであれば、大いにやってみたらいいということです。失敗しても命まで脅かされることはそう滅多にないですよね。会社の投資で経験を手に入れられるなんて、なんて素晴らしいことでしょう!

情報が無料で手に入る

私が以前に勤務していた会社は、多くの情報をお客様に提供するビジネスを行っていました。会社では豊富な書籍、雑誌、外部データベースなどを自由に利用することができました。

現在の職場も、ある分野においては、膨大な情報を発信しており、かなりマニアックな情報も入手可能で、その分野の専門家へのアクセスもできます。

当然ですが起業すれば、新聞一部自分で購入する必要があります。数十万するようなデータへのアクセスなんて夢のまた夢。

そう考えると、情報という面で個人が企業と戦うのは大変なことだと痛感せずにはいられません。情報やデータを使って仕事をするのであれば、圧倒的に組織に属している方が有利。

一方で個人のセンス、個性、人間力が生きる分野や全く新しい分野でそもそも世の中にそこまで情報がない世界であれば勝ち目はあるかと思います。

あなたが独立してやろうとしていることは、組織力が大きな成功の要因になるものですか?もしくは個人の力が問われるものですか?

その辺りをよく因数分解し、組織に所属して取り組んだ方がよい仕事なのかどうかぜひ考えてみてください。

自分が休んでいても会社は回る

フリーランスや起業家の方で、自分が休めば、業務が滞り収入が入ってこなくなるという仕組みのもとで働いている方も多くいらっしゃるかと思います。

一方、会社は社員が数日休んでも事業を回り続けることができる基礎体力を備えています。複数人数で事業を支え合うメリットですね。

有給休暇に始まり、産休・育休、傷病休暇、休業補償等、会社からのサポートにとどまらず、社会保険制度や雇用保険制度によっても守られています。長い社会人人生の中では、働いている場合じゃない事態に陥ることってありますよね。

家族の介護や自身の病気は、どんな人にも人生で一度や二度は降り掛かってくるもの。こんな時こそ、生活保障システムがしっかりしている会社員として働いている自分に『よくやった』といってやりたくなるかもしれませんね。

面倒な仕事や苦手な仕事を誰かがやってくれる

皆さんには、面倒な仕事や苦手な仕事などありますか?

私は、事務作業が苦手で会社に入ると総務や経理の方々のお世話になることがとても多いです。

起業家のつらいところは、最初の頃のしばらく(場合によってはずっと)は、何でも自分でやる必要があります。いくら多くの日本企業がジェネラリスト育成スタイルだからといって、商品/サービス開発、庶務、人事、経理事、法務、営業、経営企画などすべてを経験する会社員はそうそういないでしょう。起業すればやるべきことは多岐にわたり、なれない仕事をせざるを得ないことも多々あるでしょう。

一方、会社では各自が得意とされている分野や専門とする分野の仕事をすることが多く、仕事は細分化されているのが一般的です。そうすることで、効率よく業務が進み、ミスや無駄な時間も排除できます。

会社の看板のおかげでお客様から信頼を得られる

営業をする上で、会社の看板ほどその効果を左右するものはありません。もちろん、個人の営業能力や努力もあるかとは思いますが、会社の看板は思った以上に効力があります。

私は日本ではあまり知名度のない外資系企業から財閥系の企業に転職したことでその違いをまざまざと見せつけられました。私という人間は何もかわらないので、どの看板を背負うかによって、世間の見方は異なるのです。

まとめ

以上のように、会社員のメリットを5つに絞ってみましたがいかがでしたでしょうか。

まずは、会社員を続けてみようと思いましたでしょうか?

それとも、今すぐ失っても惜しくないメリットと感じたでしょうか?

所属する会社の状況や個人の感じ方によって大きく異なるとは思いますが、私がお伝えしたいメッセージは簡単に手放すには惜しい会社員の特権って実はたくさんあるよということです。

周りの風潮や断片的な情報を鵜呑みにせず、ご自身で情報を精査し行動してくださいね。

次は起業のメリットについて書きます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました