とりあえず始めることが重要な理由

どーも、ヒデチです。

会社員時代、企画書を書くといろいろ添削されて皆が納得しないと通らなかった記憶があります。

確かに十分に練られてから実行に移すことは失敗を未然に防ぐために重要な事ですが起業してビジネスをすると話は変わってきます。

成功をしている人は思い立ったら動いている人がとても多いのです。

世の中は早い者勝ち

「そんなことは知ってるよ」と言われてしまいそうですが、もう一回言います。

世の中は早い者勝ちです。(一部大企業は除く)

YouTuberの例が分かりやすいのですが、TOP層の大部分はお金が稼げる以前から投稿を始めて現在では大きなギフトを得ています。

そして、今現在でもその恩恵は続きトップを走り続けています。

遅かったということにならないように思い立ったら行動に移す準備をするように心がけてください。

完璧なんてありえない、重要なのは目的と修正力

もし、十分に準備をしたとします。何も問題なく順調にすすむでしょうか?

答えはNOです。

誰も踏み入れたことのない新しい世界に足を突っ込むので予想もつかないことが起きます。

僕が会社を興した時も十分リサーチをして臨みましたがリサーチした情報は半分以上古い情報で明らかに利益の出ないビジネスモデルになっていて大幅な修正をすることになってしまいました。

人々が発信している情報は過去のことで現在のことではありません。

最も重要なのは失敗したときの修正力なのです。

やりながら対応していけば十分です。

完璧にしようとは思わず、あなたの目標にむかって修正しながら進んでください。

失敗は財産

失敗はなるべくしたくないものです。

しかし、成功するためには失敗は必要なプロセスだと考えています。

失敗理由を明確化すると、次回からその失敗は起きなくなります。

ですから挑戦と失敗をし続けると成功に近づく訳です。

僕はどんな成功話を聞くよりも、自分で体験した失敗の方が価値が高いと思っています。

Anyone who has never made a mistake has never tried anything new.

失敗したことがない人は、何も新しいことに挑戦したことが無いということだ。

物理学者 アインシュタイン

何度も挑戦して成功をつかもう!

修正をしてもうまくいかないことも当たり前のようにあります。

しかし、諦めなければチャンスは残されています。

僕は精神論を言ってる訳ではありません。

何回も挑戦できれば成功の確率が上がります。

そのため諦めなくてもいいようにチャレンジの資金は少なく始めてください。

挑戦には失敗はつきものです。

失敗を恐れず挑戦を続け成功をつかみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました